電話占いと対面占いはコンタクト方法の違いからそれぞれでメリット面が異なる

電話占いと対面占いのメリットまとめ
対面占いは昔から存在する形式で、利用者が占い館などに直接出向き、鑑定士に占ってもらう方法です。

一方、近年では、電話で占い可能なサービスも定着しています。対面占いを利用するメリットは、直接向き合って話をするため、鑑定士がどんな人かがはっきりする点です。

利用者にとっては、知らない人に占ってもらうため、ともすれば不安な気持ちになることがあります。

しかし対面によって鑑定士との距離が縮まることで、素早い信頼関係が構築できます。鑑定士側にとっても、利用者の表情が見れるため、より気持ちに寄り添うことが可能です。

結果として話しやすい雰囲気が生まれ、お互いの意思疎通が活発になり、濃い鑑定ができる期待が高まります。

対面占いでは、占い師は一定数に絞られますが、平均的にしっかりした鑑定レベルを維持している点も特徴です。

電話占いに関しては、利便性の高さが最大のメリットと言えます。電話を通じて行われるため、利用者は外出する必要はなく、自宅などの電話が通じる環境で気軽に占ってもらうことができます。

しかも、対面占いでは占い可能な時間帯に制約がありますが、電話占いにはこれがありません。

24時間いつでも占いが可能なサービスを提供している業者もあります。占ってもらいたいことが起こった時点で、すぐに活用できる点が利用のしやすさにつながっています。

また、占い師と顔を合わせる必要がない部分も、気軽な占いを可能にしています。

人と対面で話すのが苦手なタイプは、逆に鑑定士と目が合うと話しにくくなる場合があります。そんな人は、電話占いを利用することで、誰とも顔を合わせる必要がなく占いができます。

電話占いサービスは数が多く、ネット上でいくつもサイトが見つかります。占い師の数が少な目な対面占いに対し、電話占いは豊富な占い師の数が特徴です。数多くの占い師の中から、自分に合う人を探せるメリットがあります。

対面占いでは、特に人気占い師の場合は時間の都合がつかず、占ってほしい時にできない場合もあります。

電話占いでは、占い師の数が多いことと、サービスの営業時間が長い点から、早く占い師とコンタクトできる強みがあります。